« 著者さんの読まれたオーディオブックが続々! | トップページ | FeBeスタッフの、意外な特典・・・ »

2009年3月 9日 (月)

海外のオーディオブック業界で起きた問題とは?

皆さま、こんにちは!
FeBeスタッフの新井です。

本日は、いつもとちょっと趣向を変えて、オーディオブック先進国でもあるアメリカで起きた、オーディオブックに関するニュースをお知らせいたします!
(アメリカのオーディオブック事情に関しては、以前私が書いたこちらの記事をご参考になさってください。)

さてさて、皆さまは、Amazonの「Kindle」をご存知でしょうか?
Kindleとは、「書籍はアナログ時代の最後の砦」と言われる中、その砦を崩そうとしてAmazonが送り出した、電子ブックリーダーのことです。iPodの書籍版と言ってもよいかもしれません。この装置を使うと、たくさんの本をデータにして持ち出すことができ、さらに、どこからでも無線でダウンロードできるという、読書好きにとってはまさに夢のような装置です。

このような電子ブックリーダーという構想は以前から存在していて、日本でも2004年にsonyが「LIBLIe」を発売したのですが、大失敗に終わり、その後はどこのメーカーも参入できていませんでした。
そしてAmazonも同様に、アメリカで2007年にKindleを発表するも、それが成功したとは言い難く、ヤフーテクノロジーサイトで、2008年のワースト製品に選ばれているなど、苦戦を強いられていたようです。

そして、そのkindleの新たなバージョン、「Kindle2」が先月9日にリリースされたのですが、それに伴い問題がひとつ浮上しました。それは、Kindle2には、ダウンロードした電子書籍のテキストを読み上げる機能が付いていたのです。

これに対し、米作家協会(Authors Guild)は、この読み上げ機能はオーディオブックの売り上げを阻害し、Amazonはこの機能によって発生する著作権使用料の支払いを免れているとして、著作権違法を理由に同社を厳しく批判し、あわや訴訟問題に!?と危惧されました。

結局、2月27日にAmazon側が、出版社や著者、作品ごとに読み上げ機能を有効にするかを決定できるようにシステムを修正するとの案を出して譲歩し、事態は現在のところ、解決されました。

そして、他のニュースサイトでは、以下のように書かれています。

Amazonが譲歩した理由は容易に理解できる。最も頼れる支持者たちでさえも、近い将来にテキスト読み上げ機能がオーディオブックに取って代わることは ないだろうと述べている。コンピュータの音声を人間の声に似せることはできても、読み上げる内容を理解していないので、強調を加えたり劇的に表現すること ができず、そうした状況は当分続くだろう、と専門家らは述べている。(出典:CNET Japan

今回は上記のような条件で和解しましたが、今後どのような流れになっていくのか?
また、電子書籍が本当に紙媒体ととって代わることとなるのか?
それとも、以前のsonyのLIBLIeのように、また消えてしまうのか?

今後の動きに注目です!

ちなみに、Kindleは縦書きの表示や日本語には対応していなく、また電子書籍のデータもあまりないようなので、日本で普及するのはまだまだ先のように思われます。でもでも、さりげなくKindleをスマートに使いこなしている人を見たら、ちょっとかっこいいかも!とも思ってしまいます^^)

またオーディオブックに関するニュースがございましたら、お届けいたしますね!
といっても、需要があるのかは定かではないのですが(笑)

それでは、また!

|

« 著者さんの読まれたオーディオブックが続々! | トップページ | FeBeスタッフの、意外な特典・・・ »

その他・雑談 」カテゴリの記事

コメント

auの携帯電話で「読書ケータイ」が発売されるようですね。
画面が小さいので文章を読むのはどうかな?と思いますが今後の電子書籍化に向けて興味のあるニュースだと思います。

投稿: takaaki | 2009年5月25日 (月) 18時50分

takaakiさん、こんにちは!

この情報は知りませんでした。
ありがとうございます!

確かに、画面が小さいので、読書に向いているのかは疑問ですね。。。
とはいえ、店頭にあったらのぞいてみますね!

投稿: FeBe*新井 | 2009年5月27日 (水) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1028363/28534046

この記事へのトラックバック一覧です: 海外のオーディオブック業界で起きた問題とは?:

« 著者さんの読まれたオーディオブックが続々! | トップページ | FeBeスタッフの、意外な特典・・・ »