« 『投資銀行青春白書』著者・保田さんのブログで取り上げて頂きました! | トップページ | FeBeユーザーさんの記事はこんなにたくさん! »

2008年10月31日 (金)

【連載第三回 おすすめオーディオブック】「生き方」を見つめ直す機会、持ちませんか?

皆さま、こんにちは!
FeBeの新井です。

連載第三回!『困ったときのこの一冊!おすすめオーディオブック』をお送りします。

今回の一冊は『生き方―人間として一番大切なこと』
こちらのFeBeの特集ページもありますよ!

23229_6

著者は世界的企業である「京セラ」、そして「KDDI」の創業者として有名な稲盛和夫さん。
戦後日本を代表する経営者の一人と言われています。

■本の内容■

カリスマ的経営者である稲盛和夫さんがこれまでに築きあげてきた人生哲学の集大成とも言える一冊。
混迷の時代だからこそ、「生き方」を問い直すべき、ということがプロローグで語られ、稲森さん自身の話も交えてその哲学の全貌が語られます。

人生・仕事の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力

これは本文中に登場する稲森さん独自の方程式です。

最も大事なものが考え方。能力と熱意は0点から100点までの点数があるのに対し、考え方は-100点から100点までが存在するのだそうです。

ポイントはこの3つの要素が足し算ではなく掛け算であること。
どうしてそのような方程式を考えるに至ったのか…
本書を聞いてお確かめください(^^)

■おすすめポイント■

この本のレビューでも多くのかたがおっしゃっていますが、書かれていることは「基本的に人として大切」と思われるようなことばかり。

・一日一日を「ど真剣」に生きる
・運命より因果応報の法則の方が強い。よい思い、よい行いがやがて運命を変えていく

仏教の教えに近い部分も多く、特に「仏教の三毒」が印象的だったというユーザーさんも。
あの勝間さんも「三毒追放」とおっしゃっていますよね…仏教に隠されているヒントは予想以上に多いのかもしれません。

しかし、分かっていても実践し、続けることはなかなか難しいもの。
よく、トイレに人生訓が記されたカレンダーが貼ってあったりするものですが、それはいつも目につくところに置いておいて忘れないようにするためだと思います。

このオーディオブックをMP3の中に携帯しておいて、毎朝少しずつ聞き、心を新たにする…なんて使い方はいかがでしょうか?(^^)
方法論ばかりを学んで、なにかを見失ってしまったと感じたら、ぜひ聞いて頂きたいオーディオブック『生き方―人間として一番大切なこと』でした。

それでは、また!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

|

« 『投資銀行青春白書』著者・保田さんのブログで取り上げて頂きました! | トップページ | FeBeユーザーさんの記事はこんなにたくさん! »

新着・おすすめオーディオブック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1028363/24900297

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載第三回 おすすめオーディオブック】「生き方」を見つめ直す機会、持ちませんか? :

« 『投資銀行青春白書』著者・保田さんのブログで取り上げて頂きました! | トップページ | FeBeユーザーさんの記事はこんなにたくさん! »